パタヤミュージックフェスティバル2002



開催日3月22日から24日の3日間、朝10から夜24時まで
タイ全土からタイ人が集結パタヤ中がタイ人だらけ、外国人観光客なんかそっちのけ。
ノースパタヤにステージがPOP-ROCK, INDY-HIPHOP-DANCE, EASY LISTENING-POP JAZZと3箇所設けられた。
100あまりのタイミュージシャンが参加、三方に分かれて催された。スポンサーはGSMのAIS,タイ国観光庁,タイ国際航空
等。主なミュージシャン−Loso,Mos,Mr.Term, Nicole,Palmy, China Dolls,YaYaYin等 タイの一流の歌手が参加。
日本からはジャニーズJr/Tsubasaが来てました。

タイに来たらには音楽にはハマろう。
タイ人は日本人以上に音楽好きのり方も半端じゃない。
タイ人と仲良くしていると知らず知らずのうちにタイ音楽にハメられてしまいます。
タイ音楽に一度ハマったらなかなか抜け出せない。
タイ音楽は市場が大きいのでその層は厚い、カンボジア、ラオスにもタイ音楽流通しているくらいだ。
音楽CDは155B程度で売られている。カラオケvideo cdも同様の値段で売られている。歌手本人が登場するので
ビデオクリップのように見られる。一度買ってみては





ニコル・テリオ
パタヤミュージックフェスティバル(ニコル)リアルプレヤーでご覧下さい

ローソー



チャイナドール


モス


パーミー




パタヤフェスティバル

パタヤのソンクラーン

タイの正月 明けましておめでとうのことをタイではサワッディピーマイという。
ソンクラーンは耕作のための雨乞い祭り。水をかけるだけの単純な祭りだがみんな楽しそう。サワッディピーマイと言いながら白い粉を水で溶かしたものを顔に塗り合う。また音楽かけながら踊りまくる。

パタヤフェスティバルは4月11日から21日まで。11日にはビーチロードでパレードが行われ、この日からソンクラーンの始まり小規模ながら水かけが行われる。今年はバンコクでは13日、パタヤの北ナクルアでは18日、パタヤージョムティエンでは19日に本番のソンクラーンが行われた。19日はソンテウ自体がソンカーン用の車に化けているのでタクシーとして利用出来ない。バイクタクシーに頼るしかない。

バイクやソンテウの荷台にめがけて歩道から水鉄砲で打ってくる。ソンテウで下りようと思って集団の前に止まると問答無用で一斉射撃してくる。その場合は集団の手前で止まるようにしましょう。皆さん性格が悪いので氷水でかけてくる。これで背後から氷水でやられるとたまらん。車の窓を開けていると水鉄砲を突っ込まれることもある。

ソンカーン前日、狙われやすいソンテウ。








お巡りさんも制服のまんま参加。


バイクに攻撃。



性格の悪いやつは氷水で攻撃してくる。


ソンクラーンで使われる白い粉


お立ち台に登って踊りまくる。


ソンクラーンの顔