from PATTAYA to THAILAND

大河メコン

大河メコン(ラオス・ビエンチャン側より撮影)


パタヤからタイ各地への旅

せっかく楽園のパタヤまで来たのに!もうチョットTHAILANDを知ってみたい!っと思いますよね。

そんなパタヤやタイに感じ入った方へパタヤ発タイ各地へご案内します。

バンコクを経由しなくてもダイレクトに行ける便利なルートも紹介します。

時には勢い余って国境を越え「遺跡の国」など陸路でお隣の国へおじゃまするかもね。お楽しみに!

ぱい ない かっぷ?

Home パタヤ発タイ旅行 A.北部エリア B.東北部エリア C.東南部エリア D.西部エリア E.南部エリア

出発前にパタヤからのアクセス手段を確認しよう。鉄道、長距離バス、航空機の概要です。

1,鉄道 (ロットファイ )

「パタヤへの道」では説明しませんでしたが、パタヤには鉄道駅があります。
バンコク・ホアラポーン中央駅から一日一本各駅停車の列車が運行しています。
パタヤ行きの列車は空港駅を通らないので航空機からの乗り継ぎは効果的ではありません。
バンコク行きも一日一本の列車が運行しています。
日本の列車は秒単位で運行管理していますが、タイでは遅れはあたりまえ。
遅れない方が珍しいです。遅れ運行も数時間って事もあります。
なので、時間に相当余裕がある人が楽しんで下さい。
楽しむ人には、日本の列車では絶対にお目にかかれない光景が目に入って来ます。車内にも。車窓にも。
タイでは鉄道(列車)の事を「ロットファイ」駅を「サタニーロットファイ」と呼んでいます。
列車の予約方法ですが、タイ国鉄の列車はすべてコンピューターで発券しているので、パタヤ駅に行けば
タイ国鉄の列車はすべて予約できます。前売りもしてくれます。クレジットカードは使えません。
クレジットカードの使える駅はバンコク・ホアラポーン駅とチェンマイ駅。他の駅はまだ確認していません。
切符の予約購入は簡単なのでトライして下さい。旅行代理店に頼むと非常に高い手数料が必要です。
乗車区間、日時、人数、等級、わかれば(列車番号)を英語で紙に書いて窓口に行けば通じます。

パタヤ駅切符売り場 パタヤ駅ホーム
 パタヤ駅切符売り場 パタヤ駅ホーム

                                    

2,長距離バス(ロットトゥア)

タイ国内を移動するするのに絶大な威力を発揮する乗り物は「ロットトゥア」バスです。
「ロットトゥア」の集まるところバスターミナルを「ボーコーソー」って言います。
この2つの単語を頭にインプットしてバスの旅に出発です。
バスはタイ国内の隅々まで路線が延びており、もっとも利用価値の高い乗り物です。
パタヤには、バンコク行きバスステーションの他にも、チェンマイやメーサイ、コラート、
スリン、ウボンラチャターニ等へネットワークのあるバス会社「ナコンチャイエアー」
発着していてバンコクを経由せずにパタヤから安価で簡単に移動できます。
ナコンチャイエアーパタヤバスステーションはリニューアルして、とっても綺麗になって
いました。とても汚かったトイレも清潔になり、プラットホームも舗装され気持ちよく旅
立てます。また、ナコンチャイエアーはクレジットカードVISA/MASTER/JCBカードが
使えます。バスの指定席に座る際の注意!タイでは自分が座るシート番号が自分の
席です。
シート番号は、ほとんど背もたれの後ろ側に書いてある。日本の感覚では
自分のシート番号は常に目の前にあり、常に確認できますが、タイでは違います。
外国人はこれに戸惑ってしまいます。現在はシート番号は1,2,3,4,・・・で書いて
ありますが、まだ一部タイ語表記しているバスもあり、わからない人は車掌さんに訪
ねて下さい。席まで案内してくれます。

NCAパタヤ停留所 ナコンチャイエア シルバークラス
 新装したナコンチャイエアーパタヤバスステーション ナコンチャイエア シルバークラス

ナコンチャイエアーバス案内

シーモンコンバス
 パタヤ発のウボンラチャタニー行きのシーモンコンバス会社
 ナコンチャイエアーと同じコースを通るウボンラチャタニー行きのバス
 ナコンチャイエアーとはちょっと違うタイ風の雰囲気が味わえる。
 たぶんあなたが乗れば外国人はあなた一人になるでしょう。
 残念ながらVIPカーはありませんが1st classは トイレ付きでそこそこ快適です。 
 こちらのシーモンコンバス試してみるのも楽しいかもしれませんね。      
   

移転した新しいシーモンコンバスステーション  シーモンコンバス 1st class

          

 

,航空機 (クルングビン)

パタヤにも本格的な空港があります。その名は「UTAPAO」ウタパオ空港。
ウタパオ空港はタイ空軍が駐屯しいてタイ軍が管理している軍事基地です。警備も兵士がしています。
この空港に民間会社のBangkokAirwaysが就航していて、アジア屈指第一級のリゾート地である
サムイ島、プーケット島にフライトしています。
以前は、カンボジアのプノンペンにも就航していましたが現在は運休中。
航空機の最大の利点は「スピード」でしょう。サムイ島なら1時間、プーケット島は約3時間で着陸。
ウタパオ空港へはパタヤからミニバスで約40分。200B。ツアーカウンターで予約できます。

ウタパオ空港ターミナルビル ウタパオ空港出発カウンター
ウタパオ空港ターミナルビル ウタパオ空港チェックインカウンター

                                  

Homeページ    パタヤ発タイ旅行