ยินดีต้อนรับเมืองพัทยา

Welcome to Pattaya

タイ/バンコク近郊パタヤビーチ日本から一番近いパラダイス。マリンリゾートからナイトライフまで!オトコもオンナも楽しめる。パタヤの情報を発信します。

Wifi(無線LAN)

最近の新しい格安ホテルでも無料でWiFiを使用できるようになりました。
ノートパソコンやスマートホンを持ち込めば気軽にインターネットが楽しめます。
セキュリティ上ログインとIDパスワードをレセプションに聞きにいく必要があります。
ブラウザを立ち上げるとログイン画面、そこにIDパスワードを入力する。

                                  

ホテルから出た場合無料で使えるWifiと言えばマクドナルドです。

有料WiFi

SkypeユーザーでSkypeクレジット10ユーロ~購入されている場合(通常Skypeで電話されて
いる方)その金額から課金され、手軽に有料WiFiに接続出来ます。SkypeのWiFiだけでなく、
TrueWiFikschotspotWLANNET、FON、TOMIZONE等が利用可能。

 


スターバックス(KSC HotSpot)
カウンターでプリペイドカードを購入、1Hourのカードは不足している。
その場合オンライン購入可能。

スターバックスのログイン画面

使用時間 価格 期限
1時間 150バーツ 1ヶ月
5時間 600バーツ 3ヶ月
20時間 1500バーツ 3ヶ月
24時間 250バーツ 24時間

パタヤで使用可能なホットスポット

WLANnet Cyber Point
Dusit Resort Pattaya Aisawan Resort & Spa Hotel ( Gargen Beach Resort Hotel )
Garden Seaview Resort Baiyoke Pattaya Hotel
Long Beach Garden Hotel & Spa Central Pattaya Hotel
Mercure pattatya Hotel Loma Hotel
Pattaya Center Hotel Diamond City Place
Siam Bayshore Resort Pattaya The Green Park Resort
Siam Bayview Hotel Montien Hotel
Welcome Jomtien Beach Hotel Mountain Beach
Welcome Plaza Hotel Newday-night Hotel
Woodlands Hotel & Resort Rayal Orchid Resort Pattaya
KSC Hotspot Siam Sawasdee
Starbucks Pattaya1 Sunbeam Hotel Pattaya
Starbucks Pattaya2 SunShine Garden Hotel
Starbucks Royal Garden Plaza SunShine Vistra Pattaya
Starbucks Tuk Com City Pattaya Bangkok Pattaya Hospital
Ambassador City Jomtien Plumeria Service Apartment
TOT HotSpot True Wi-Fi
Royal Cliff Beach Resort  Big-C Pattaya(South Pattaya)
Royal Wing & Spa Pattaya Royal Garden Pattaya
Top Supermarket-Pattaya
Tuk Com Pattaya

MOBILE PHONE

 日本での必須アイテム=携帯電話。この構図はタイでも変わりません。
この2~3年でタイでも爆発的に普及してきました。
タイではGSM携帯電話方式を採用しています。
GSM携帯電話(世界標準携帯)の特徴は専門のHPで調べて下さい。
大事な事は日本の携帯端末(電話)はタイでは使用できません。
日本のJ-Phoneが海外専用タイプのGSM端末を発売していますが、
通話料金は高いです。とても気軽には通話できません。

 現在では外国人もタイで簡単に携帯電話を購入できる様になりました。
簡単に購入できるのはプリペイド式の携帯電話です。
GSM携帯は電話機本体(端末)とSIMカード(これに電話番号が入っている)
がセットになっている。この2つがそろわないと通話ができません。
この利点は、端末が古くなったり故障した時などは、新しい端末を買ってきて
SIMカードを入れ替えれば同じ電話番号で最新の携帯端末が利用できます。

AIS 1-2CALL SIMカード

 最初に携帯を入手するときは、端末とSIMカードがセット販売してるのをGET。
プリペイド式を採用している「AIS」の「1-2-CALL」がエリアも広いし、
リフィルカードも入手しやすいので、SIMカードは「1-2-CALL」で決まり。
「AIS・1-2-CALL」の他に「DTAC」「ORANGE」などがある。
携帯端末はノキア、ソニーエリクソン、モトローラ、シーメンス、フィリップスなど
いろいろあるので携帯ショップで悩んで下さい。

ノキアGSM端末 SIMをセット(下側)

 値段はショップによって差があるので慎重に調べて下さい。
パタヤでは、ノースパタヤにある「BIG-C」の2階に携帯ショップが
集まっています。他パタヤ市内にもショップはたくさんあります。
安いのは2000B程度からで高いのは30000B以上のもあります。
購入すると店員が初期設定をやってくれます。これですぐに使えます。

 プリペイド式なので通話残高が少なくなってきたらリチャージしよう。
方法は簡単。コンビニ等で売っている1-2-CALLのリフィルカードを購入し、
専用番号(無料)に発信、カードに書かれている番号を入力したら完了。
リチャージが終わればメールが来ます。
この時に、電話番号の使用期限も書かれているのでチェックしよう。
使用期限の延長をするときは、またリチャージすれば良い。
リフィルカードは300Bから売っている。

リフィルカード種類 効果
300B通話カード 30日通話延長
500B通話カード 50日通話延長
800B通話カード 100日通話延長

GSM携帯電話の番号をそのままキープしたい場合時は、タイ出国前にリフィルカードで
チャージすれば良い。800B*2=200日の延長になるので、一年に数回タイを訪問する
人はこれでGSM番号をキープする事ができます。

 「1-2-CALL」はダイレクト国際電話もできます。
「1-2-CALL」から「大阪066***-****」にコールするときは、  
「001-81-6***-****」でお手軽にできます。
同じ方法で携帯電話・PHSにもコールできます。
タイは公衆電話が故障している事が多いので携帯が便利です。
「1-2-CALL」は日本からのコールにも対応。(携帯電話、PHSもOK)
コール方法は、契約している国際電話会社のHPをご覧下さい。

 AuのグローバルパスポートやVodafoneの一部機種では、タイでの
ローミングができます。気になる通話料金の比較をしてみました。

 AIS・1-2Callはタイ国内を7つのエリアに分割しています。
バンコクとパタヤは同じエリアなので1分=5Bで通話できます。

通話料金は1分間の料金

キャリア AIS 1-2Call Au GLOBAL PASSPORT Vodafone Global Standard
タイ国内通話 エリア内 5B(約15円) 70円 AIS 75円
Orange 115円
エリア外  8B(約24円) DTAC 265円
日本への国際通話 30B(約90円) 260円 AIS 175円
Orange DTAC 265円
日本以外への国際通話 ? 330円 265円
グローバルパスポートへの通話 260円
着信 0円 180円 AIS 80円
Orange DTAC 120円

 圧倒的にAIS・1-2Callが安いですね。何度もパタヤを訪問する人はGSM端末購入が有利です。
参考:AuのタイでのローミングパートーナーはCAT(タイ通信公社)。

 携帯電話エリア 2004.03.20調査 

キャリア/エリア バンコク空港~パタヤ パタヤ市街 ラン島東部 ラン島西部 SAME/TIEN BEACH
AIS 1-2 CALL 通話可能 通話可能 通話可能 通話不可能
AU グロパス 通話可能 通話可能 通話可能 通話不可能

 携帯のエリアはほぼ満足できる状態です。パタヤ市街地なら屋内でもエリアの心配はありません
ジョムティンビーチも心配なし。
ラン島の西部エリアが携帯のアリア外になります。ラン島中央にある山を越えるとエリア外になります。
SAME/TIEN/NAUL BEACHなどがエリア外。

DIGITAL PHOTO PRINT

 爆発的に普及したデジタルカメラ。ここタイでも同じです。特にパタヤでは所得の高い西欧人が
デジカメを片手に 大勢います。 また最近ではタイ人も普通にデジカメを使っています。
現地で撮影したデジカメファイルをペーパーにプリントしたいと考えている人も多いでしょう。
パタヤでもコダックや富士フイルムの写真屋さんに持って行けばプリントができます。
メディアはCD-Rに焼いて行けば一番確実ですが、SDやMS、SMなどからでもOKです。
管理者はDVD-Rに焼いて持って行きましたが、DVD-Rは対応していませんでした。注意してください。
料金はサイズによって異なります。
①9×13cm= 5BATH/1枚
②10×15cm= 6BATH/1枚
プリント時間は少しかかります。管理者は20枚ほどプリントしましたが約1時間ほどかかりました。

サウスパタヤのパタヤランド店 サウスパタヤビーチロード沿い PCのドライブはDVD未対応
世界のコダック 日本の富士 このPCで取り込み

 利用方法は簡単
①プリントしたいメディアを店員に渡しPCに取り込んでもらう。
②プリントするファイルを指定。
③プリントする枚数とサイズを指定。
④お金を払ってオーダー伝票をもらう
⑤指定された時間に受け取りに行く。


映画

パタヤの映画館はサウスパタヤにセントラルフェスティバルパタヤビーチ6FにSFX CINEMA
ジ アベニュー パタヤ4FにMAJORC CINEPIX、ノースパタヤのビッグC3FにSF CINEMA CITY
の3ヵ所ある。

席は全席指定、チケット購入する際レイアウト画面から好みの席を選ぶ。
チケットは一人120Bからファーストクラスシート600B。
120バーツ席でも席もゆったりしていて日本の映画館にも負けないくらいです。
洋画からタイ映画、日本映画までも上映されることがある。
洋画は吹き替えなしのタイ語字幕、タイ映画は英語字幕となります。
英語・タイ語が分からなくてもアクション映画やコメディ映画を選べば、
十分楽しめる。 但し日本映画はタイ語吹き替えで英語字幕なので
日本で見た方がよい。

館内には売店があり日本と同様コカコーラやポップコーンが売られている。
       
パタヤ上映中の映画
SFX CINEMASF CINEMA CITYMAJORC CINEPIX PATTAYA
CENTRAL FESTIVAL PATTAYA 6FCENTRL PATTAYA CENTER 3FTHE AVENUE PATTAYA 4F
上映中上映中上映中及び公開予定
公開予定