ยินดีต้อนรับเมืองพัทยา

Welcome to Pattaya

タイ/バンコク近郊パタヤビーチ日本から一番近いパラダイス。マリンリゾートからナイトライフまで!オトコもオンナも楽しめる。パタヤの情報を発信します。

タイ料理をパタヤでとことん味わい尽くそう!

タイのビーチリゾート・パタヤには欧米豪州などヨーロッパ系の観光客が多数訪れます。そしてそのパタヤには西欧料理をはじめ
欧米人に大人気の日本食レストランやインド、中華レストラン等が多数オープンし訪れる私達の味覚を幸せにしてくれます。
パタヤパラダイスではパタヤで美味しいタイ料理をとことん楽しみ味わいたいと思います。

"タイ料理を味わう一手"タイ料理の注文方法とテクニック

タイ人が屋台やレストランでタイ料理を注文する際のテクニックがあります。このテクニックに習いましょう。
タイ人がタイ料理をオーダーする際のベースは、ご飯+おかず+スープ+水が基本となっているようです。
日本と変わらない?それが少し違います。キーワードはみんなで仲良く!です。タイ人に習ってお安く楽しく美味しく楽しみましょう。

"タイ米の白いご飯" 一人に1つお皿で出てきます。おかわりOK

タイのご飯

このテクニックは2人以上で食事をする際にとても効果的です。お安く食事ができます。
2人での食事を想定してシミュレーションします。人数が増えるほどお得感が増えます。
ご飯を食べる人はご飯又はカオニャオ(もち米)又はご飯系統の鶏チャーハン等を注文します。安く済ませたいなら白いご飯で。
おかずとスープ一品ずつを注文します。これを2人で分け合って食べます。タイはおかずの量が多いのでこれで十分足ります。
2人ともご飯を注文したと仮定して、ご飯2つと空心菜炒め(おかず)、野菜スープとこんな具合になります。

"空心菜炒め" タイでは驚くほど安い お気に入りのタイ料理

空心菜炒め

この空心菜炒め等のおかずを少しずつ自分のご飯の上にかけて食べてます。本当に美味しい空心菜炒めはお皿に残っている
オイルまでタイ人はご飯にかけて食べます。おかず1つをみんなで分けて食べる習慣がタイには脈々と残っています。

"グリーンカレー" どう見ても3人前はありそう

タイのカレー ゲンキョーワーン

あとよく見かけるテクニックとしては、近所の屋台や食堂から出前を取っていることがよくあります。
屋台から屋台はよくあるとして、屋台から食堂、食堂から食堂とか。特に問題はなさそうです。
食堂に入って近くの屋台に食べたいものが有れば普通にオーダー出るので、機会があったら試してみて下さい。

ご飯をたくさん食べるときは"お櫃"で注文した方がお得です。

クイッティオセンミー

クイティオ・センミー(米の白い・極細麺)タイ屋台の定番 深夜食や小腹が空いたときに持ってこいの麺料理
センレック(細麺)センヤイ(太麺)と3種類あります。クイティオを楽しむときは少し味付けをして下さい。
スープは薄味に仕上がっています。下記写真の調味料セットで好みの味に調整して下さい。

タイ調味料セット

調味料セットの内訳は、ナムプラー、砂糖、粉唐辛子、お酢に漬けた唐辛子 タイ人の真似して入れると大変なことに!

タイ人が味にこだわる料理とは

タイ人と食事をしていると妙に味にこだわるときがあります。この料理はアロイ(美味しい)とかタマダー(普通)だとか
○○県の方が美味しいとか。現在の日本でも○○町・市・県の水は美味しい!と水自慢の話は耳にすることがありますね。
おそらくタイ人も同じようなおもいで話しているのだろうと感じます。そんなタイ料理をいくつか紹介したいと思います。

"ゆで鶏ごはん" タイ語でカーオマンガイ

ゆで鶏ごはん

ゆで鶏ごはんを注文するとスープと味噌たれがついて出てきます。味噌たれをご飯にのっている鶏にかけて食べます。
ゆで鶏のスープで炊きあげたご飯に鶏をのせたシンプルな料理。このシンプルさが味覚にいろいろ訴えてきます。
お米の研ぎ方ひつで劇的に味が変わるご飯を、ゆで鶏スープで炊きあげる。それを多くは炭火の魔法の火力で。
お米の味にこだわる日本人ならそれだけでどんなご飯が炊きあがるのか楽しみになりますね。
ご飯の上にのっている鶏の部位もそのときによって異なるので、タイ人がゆで鶏ごはんにこだわる気持ちはよく理解できます。
このゆで鶏ごはんはタイ語でカーオマンガイといいます。タイ庶民のお気に入り料理です。是非パタヤで味わって下さい。

"焼き鳥" タイ語でガイヤァーン

焼き鳥

タイのどの町に行ってもこの焼き鳥(ガイヤァーン)は存在感抜群である。
タイ人の国民的食物との印象をとても強く感じるタイ料理です。まさにタイの風景にこの焼き鳥は溶け込んでいます。
バスターミナルや駅のプラットホーム、フェリーターミナルなどの人が集まる公共の場所はもちろんの事
列車やバスに乗り込んで来る売り子さんの定番メニューにもなっていてよく売れています。
そしてなりより美味しい!タイ人がタマダー(普通)と味覚判断した焼き鳥も日本人の私にとってはアロイ(美味しい)と感じます。
タイに数ある焼き鳥もタイ人がこだわるタイ料理のひとつです。パタヤにも焼き鳥屋さんはたくさんあります。お試し下さい。

"パパイヤサラダ" タイ語ソムタム

ソムタム

お客のリクエストを聞いて味付けやトッピング材料で劇的に変わる料理がパパイヤサラダ(以下ソムタム)です。
ソムタムは臼と杵を用いて造るタイの代表的料理のひとつです。味付けは基本的にとても辛い仕上げになっています。
どんな素材でソムタムはつくられているのでしょうか?最初にニンニクと辛子を入れます。これがソムタムのベースです
後の素材は好みで入れます。代表的な素材として、干しえび、ピーナッツ、ライム、トマト、タマリンド、長インゲン、
を臼に入れて杵で打ち、ナンプラー、黒砂糖、味の素を加え味を調えます。この時にお客は味見をして調整してもらいます。
最後に千切りにしたパパイヤを入れてかるく絡ませて完成となります。この行程を約2分程度で仕上げます。
タイ人はソムタムをカオニャオ(もち米のごはん)とセットで食べます。ソムタムの屋台にはカオニャオも売っています。
ソムタムほど細かく味や素材を要求されるタイ料理も少ないでしょう。パタヤで味わう時は辛さに注意して下さい。

パタヤで味わいたい鍋料理

タイの代表的鍋料理のタイスキはパタヤパラダイス一押しのおすすめ料理です。
日本の水炊きに近くタイの美味しい野菜がたっぷり楽しめます。パタヤを訪れたときは一度お試し下さい。

"タイスキ" 

タイスキ

タイスキのメッカ"MKレストラン"

ロケーション:大規模小売店BIG-Cに併設されています 特製パタヤビーチマップPDF

パタヤではBig-C店舗に併設されていてタイ全土に店舗展開をしている「MK」レストランがタイスキのメッカとなり
人気を得ています。以前は「Coca」レストランもパタヤに店舗を構えていましたが、撤退になりました。
「MK」はタイスキのメニューが写真入りなので指さしで注文できます。「MK」には言葉の壁は存在しません。
お気軽に「MK」タイスキをお楽しみ下さい。運がよければMKウエルカムダンスがみられるかも。

MKレストラン 野菜セット

タイスキは具をたくさん入れて楽しむ料理です。野菜などはセットメニューがお得感もあるのでおすすめします。
上の写真は、野菜セットの盛り合わせです。後は肉や魚等の素材を注文すればタイスキの完成となります。
近年価格上昇が目立ちますがまだまだ日本より遙かに安価なパタヤで美味しいタイスキを是非お楽しみ下さい。

最高に美味しいタイスキ専門店"TARTAR(ターター)"

ロケーション:ターター(TARTAR)セントラルパタヤTops斜め向かいマップジャック(地図)特製パタヤビーチマップPDF

ガス火力のパワーは絶大"ターターのタイスキ"

ターターのタイスキ

パタヤパラダイス一押しのタイスキ店がセントラルパタヤロード沿いに店舗を構えるTARTAR(ターター)です。
価格的には少し高いですが、ターターのタイスキの味は最高に美味です。大規模チェーン店では味わえない深みあのある
TARTAR(ターター)のタイスキをパタヤで是非お楽しみ下さい。タイスキは店員が作ってくれるので楽ちんです。
ターターのメニューは日本語の表記もあります。安心して訪問して下さい。

ターターのタイスキの具

ターターの鍋の火力はガスです。タイスキ大規模チェーン店では電気クッキングヒーターです。
この差がそのまま美味しさの差となっている感じがします。もちろんそれだけではないでしょうが
炎で調理した料理は美味しさが一段と増すのは間違いないでしょう。ターターのタイスキをご賞味下さい。

くるくる回転タイスキ"Shabushi"

ロケーション:セントラルフェスティバルパタヤビーチ6階 Central Festival Pattaya Beach 6F URL

くるくる回転タイスキ

セントラルフェスティバルパタヤビーチ(タイ人はセンタンと呼んでいる)はセントラルパタヤにオープンした
大規模ショッピングセンターです。現在ではパタヤビーチ随一のランドマークとしてパタヤ市民や観光客に親しまれています。
このセントラルフェスティバルパタヤビーチ(センタン)の6階に回転タイスキのShabushiがあります。
お代は75分の時間制限ありで1人239B。回転テーブルのタイスキとエビ寿司、サーモン寿司、アイスクリームが食べ放題。
ソフトドリンクも飲み放題となっています。タイスキのスープは普通のスープとトムヤムスープがあります。
テーブルに付いている小鍋でタイスキをつくります。具はコンベアーに乗って流れてきます。日本のくるくる寿司と同じです。
ShabushiはノースパタヤにあるBIG-Cにもあります。気軽にくるくる回転タイスキはいかがでしょうか。

激安鍋料理"ムー・ヤーン・ガウリー"をパタヤで味わおう หมูย่างเกาหลี

ムーヤーンガウリーの意味を訳すると韓国風豚焼き肉となります。ムーヤーンガウリーの肉は基本的には
豚肉を使い、魚肉や牛肉、鶏肉は使いません。使う鍋はジンギスカン鍋を使います。パタヤで激安で食することができます。

ムーヤーンガウリー鍋 หมูย่างเกาหลี

ムーヤーンガウリーを簡明に表現すると焼き肉とスープ鍋が同時に楽しめる焼き肉スープ鍋でしょう。
ムーヤーンガウリーはジンギスカン鍋を使い中央の盛り上がったところで豚肉を焼き、鍋の周囲にあるくぼみにスープを入れて
野菜などを煮て食べます。豚肉は内臓等もあるのでよく焼いて食べて下さい。システムはビュッフェ方式(バイキング)です。
料金は食べ放題で80バーツから120バーツ程度と安いのでタイ人にも大人気です。ドリンクは別料金になっています。
ほとんどの店はシーフードバーベキューコーナーも有り、蟹、海老、魚、貝なども楽しめます。
シーフードバーベキューは専用のコーナーで自分で焼くシステムになっています。

ムーヤーンガウリーの食材

ムーヤーンガウリーの特徴としては豊富な食材でしょう。食べ放題システムなのでついつい取りすぎになるのですが
食べ残しはペナルティがあり追加料金が請求されるので食材の取りすぎには注意して下さい。
ムーヤーンガウリーは日本で食べる牛焼き肉と比べるとそれほど美味しい食べ物ではありません。しかしとても安価で
タイ人にとっては美味しい食べ物です。タイ人仲間と大勢で行くのは選択肢として有りでしょう。
またビールも安く種類も豊富でウイスキーの持ち込みも問題ないので居酒屋気分で楽しむ手も有りでしょう。
時折ビールメーカーの販売キャンペーンがありキャンペーンガールからビールを注文すると本数に応じた無料サービスや
通常より安い値段でビールが楽しめる事もあります。

パタヤのムーヤーンガウリー店

ムーヤーンガウリー店 ロケーション:チェンロン  ニンジャ  サムパン

チェンロン(成龍) เฉินหลง チェンロンเฉินหลง
ニンジャ(忍者)นินจา ニンジャนินจา
パタヤのヤキシャブ
ビュッフェ 肉類( 豚,鳥,魚,イカ,ソーセージ等) 野菜(キャベツ,空芯菜,キクラゲ,春雨等)
パタヤのヤキシャブ
肉類は皿に入れる 野菜はバスケットに入れる。
たれも各自で持ってくる ムーヤーンガウリーのたれ
パタヤのヤキシャブ パタヤのヤキシャブ
炭火で焼く(正確にはオガ炭) 鍋の中央にラードをひく、周囲の溝にだしを入れる
パタヤのヤキシャブ
鍋の中央に肉を載せる。 野菜は周りのだしで煮る
シーフードバーベキュー(蟹,海老、魚、貝) 食べたい分だけ自分で焼く
キャンペーンガールのお姉ちゃん ブルーアイスビール、他の銘柄も豊富にあります

パタヤビーチでシーフード(海鮮)料理を楽しもう

パタヤビーチはタイ湾で水揚げした新鮮なシーフードが豊かに味わえるリゾートビーチです。
パタヤパラダイスでは海辺のテラスで潮風の香りも楽しめるシーフード料理店を紹介します。

パタヤビーチ シーフード料理

シーフード料理店の大激戦区になっているのがウォーキングストリート。
この通りはサウスパタヤにある。パタヤビーチロードの最南端がウォーキングストリートの入り口になっています。
午後6時頃よりウォーキングストリートは歩行者天国になり、大勢の観光客で賑わいます。
パタヤウォーキングストリートは、A-GoGoBarやディスコなどが点在する一大歓楽街でもある。
ウォーキングストリートの治安はまったく問題ないです。ツーリストポリスが日々警備警戒をしています。

パタヤの大歓楽街 カニです 道頓堀にも似たものが・・・ ハデですね 御存知のお店 日本語表記
ウォーキングストリート入り口 KING SEA FOOD LOBSTER POT ナン・ヌアル
マップ マップ マップ マップ

シーフード料理店の代名詞になっているのが「ナン・ヌアル」。ガイドブックでも紹介されている有名店。
ウォーキングストリートの奥の方に位置する店であるが、いつも多数のゲストで賑わっています。
年末年始などは、入店できない時も多々あります。パタヤ一番の人気店でもあります。値段も一番高い。
ナン・ヌアルの他にも美味しく楽しめるシーフード料理店があります。
「LOBSTER POT」「KING SEA FOOD」どちらも大阪ミナミ道頓堀も真っ青な感じでドハデな
電光ボードが上がっているので迷うことなくアクセスできます。
この両店はナン・ヌアルの様に混雑する事も少なく比較的簡単に海に張り出したテラスの一等席が確保できます。
どうせシーフード料理を楽しむなら最高の席で楽しみたいもの。少し早い時間に入ってGETして下さい。

いろんな素材がある 野菜は本当に安い シェフも大勢いるので調理が早い 最高の一時
メインのシーフードをGet タイの新鮮な野菜もたっぷり 調理方法をオーダーして シーサイドテラスで楽しむ

3店共にシステムは同じだ。入店すると巨大な水槽や新鮮な魚を保存しているオープン式の冷蔵庫がある。
入店時に好みの素材を選んで、好みの調理方法で料理をオーダーします。好きな調理法でオーダーできるのが良いですね。
この方法が面倒であれば、独立したメニューがあるのでオーダーして下さい

Ko Lan行きのボートから撮影 ビールに最高 スープ料理はこれで決まりか?! カオパッドガイ最高!
昼間のシーサイドテラス 海老フライ これがトムヤムクン タイのチャーハンは最高
絶対お勧めの一品です カキは不安に感じるけど美味しい タイでは胡瓜の皮はむいてある 美しい盛りつけです
カニのカレー炒め カキ料理 これはチャーハン付属品 生海老のサラダ
いつもオーダーします 冷めないうちにどうぞ タイ人はこんなに食べません 料理8品+ドリンク+アイス+
持ち込みウイスキ-=
約2300B程度
5~6人で大満足!
食べきれないほどでした

シーフードと野菜炒め 焼き魚 料理全景こんな感じ 予算

ドリンクも各種ビールやワイン、シャンパン、ウイスキーなど豊富です。もちろんソフトドリンクもあります。
ウイスキーなど持ち込みも全然平気です。アイスとミネラルウォーターをオーダーして好みの味を楽しみましょう。

パタヤで楽しむイタリア料理

BUONDI DANON

ロケーション:マップジャック

パタヤパラダイスおすすめイタリア料理店。イタリア料理が美味しくお安く食べられます。オーナーはイタリア人。
場所はサウスパタヤからジョムティエンビーチへ抜ける道Thappay Rordの登り坂を上がった所に
ジョムティエン・ニュウェー「Jomtien Nivate」という住宅地にBUONDI DANONはあります。
このThappay Rordは最近片側3車線に拡幅されその沿線はホテルやコンドミニアムやレストラン等のサービス施設
が発展充実してます。またパタヤとジョムティエンビーチの中間地点にあたりソンテウも頻繁に運行しています。

パタヤのイタリア料理店

パタヤビーチからのアクセス方法は、ジョムティエンビーチ行きソンテウに乗車してJomtien Nivateで下車。運賃は10B。
イタリア料理店BUONDI DANON「Jomtien Nivate」の大きな看板の隣にあります。進行方向左手です。

パタヤのイタリア料理地図

BUONDI DANONイタリア料理店は、パスタが充実しています。パスタは11:00amからでそれまではブレックファーストのみです。
ブレックファーストはベーコン、卵、ポテト+トーストとコーヒー。お客は欧米人がほとんどです。
ステーキメニューは、ビーフ、ポーク、チキン、ミラノ風カツレツ、イタリアン風カツレツ白ワイン風味等があります。
写真入り日本語メニューもあり注文も簡単にできます。パタヤで美味しいイタリア料理をお楽しみ下さい。

パタヤのイタリア料理看板 パタヤのイタリア料理店
目印の看板 タパヤーロード通り 素朴な店、客は欧米人が大半。
パタヤのペペロンチーノ パタヤのカルボナーラ
ペペロンチーノ(ニンニクと唐辛子入り) 80B カルボナーラ(ベーコンと卵で絡めている) 100B
パタヤのトマトチリパスタ パタヤのナポリタン
トマトチリソースパスタ 80B ナポリタン 80B
パタヤのパスタ パタヤのマッシュルームリゾット
パスタ(ガッペル,グリーン&ブラックオリーブ )80B マッシュルームリゾット(ごはんもの)2人前より 100B
パタヤのラザニア パタヤのエスカロップ
ラザニア 140B エスカロップ(トマト,オレガノ,ピッツァイオーラ120B
パタヤのスペッツァティーノ パタヤの肉ロール
スペッツァティーノ 120B INVOL TINI ALLA KIMM CON PURE 120B

パタヤビーチは甘美なフルーツのユートピア

パタヤの果実

トロピカルフルーツは熱帯の漢方薬とも言われるくらいビタミンやミネラル成分等が多く含まれています。
パタヤビーチではランブータンやドリアン,マンゴスチン,ジャックフルーツ等の産地が近くにあり、
多種のフルーツが簡単に手に入ります。トロピカルフルーツは鮮度が一番ですね。
日本で輸入されたものは高くて美味しくありません。パタヤビーチに来たのであれば是非食べてみてください

ジャックフルーツ
ジャックフルーツ木になる。果実として世界最大級。全長60cm,重さ30kgを超えることもある。
大きい実なので剥いてもらったものものを買うのが一般的。
1個買っても食べる状態にするまで非常に手間がかかる。
外皮を剥くとき粘々の液体が出る。これで手が被れることもある。
味は酸味は無く、ほのかに甘い。ビタミンA,B1豊富に含んでいる。
パタヤのジャックフルーツ パタヤのジャックフルーツ
ジャックフルーツ (ナ・クルアの町に実っている) ジャックフルーツの中身、黄色の実がぎっしり
パタヤのジャックフルーツ パタヤのジャックフルーツ
ジャックフルーツの実を一つ一つ身を取り出す。 取り出したジャックフルーツの実
ココナッツ 
ヤングココナッツ中に果汁は適度な甘さで喉を潤してくれる。
内壁にはセラチン状の果肉が食べられる。
この果肉はデザートやサラダに材料にされる。
ココナッツで完熟したものはココナッツミルクとして料理に使われる。
ヤングココナッツの切り方
パタヤのココナッツ パタヤのココナッツ
ヤングココナッツ
ヤングココナッツの実の部分を切り出されたもの。味は果汁,果肉共に前者より濃厚。
果肉は指で引っ張ると簡単に取れてしまう。
 
パタヤのココナッツ パタヤのココナッツ
ドリアン
果実の王様と言われている。 表皮は硬く、多くの突起物で覆われている。
特異的な異臭がする。においの原因は皮の内側からインドール物質が放たれているからです。
果肉はクリーム状で甘い。ビタミンB群、 ビタミンCが豊富に含まれる。
パタヤのドリアン パタヤのドリアン
マンゴー
世界三大美果の一つ。果肉は黄色で真ん中に円盤上の硬い種子がある。
熟したものは甘く蕩けるようだ。
マンゴーの切り方
パタヤのマンゴー パタヤのマンゴー
未熟マンゴー
マンゴーの熟していていないもの。酸味が効いているので砂糖に付けて食べる。
マンゴーはウルシ科のため未熟のものはウルシの成分でアレルギー反応が出るかもしれない。
過敏な人は注意が必要。
パタヤのマンゴー パタヤのマンゴー
マンゴスチン
世界三大美果の一つ。果物の女王といわれている。酸味と甘味が適度でおいしい。
日持ちが悪いので持って帰れない。輸出する場合は冷凍される。
パタヤのマンゴスチン パタヤのマンゴスチン
ランブータン
果実は半透明で白い。毛が生えている皮は実から簡単に剥ぐことが出来る.
甘味と酸味が適度に調和して美味しい。
ラヨーン,チャンタブリ,トラートで栽培されている。
パタヤのランブータン パタヤのランブータン
サラ
茶色の表皮からは無数の毛が生えている。果肉は黄色。酸味が効いておいしい
パタヤのサラ パタヤのサラ
ライチ
中国,インドシナ半島で栽培されている。果実は白色半透明,適度な甘さで美味しい。
中国料理のデザートによく使われる。
パタヤのライチ パタヤのライチ
竜眼
日本では竜眼といいます。鹿児島,沖縄などで生産している。
果実はゼリー状で白く半透明。竜眼と呼ばれるのは白い果実からみて
種が黒褐色で竜の眼のように見えるからです。
パタヤのロンガン パタヤのロンガン
ローンコーン
酸味は無く甘味も控え目。
皮は黒っぽく薄汚れているようだが、皮を剥くと白く半透明の実が現われる。
パタヤのローンコーン パタヤのローンコーン
ドラゴンフルーツ
サボテンの一種。
サボテンの果実をピタヤとも呼ばれている。白い果肉に黒いゴマ粒状の種子が散乱している。
味はさわやかな酸味に歯応えはシャーベットのような感触。
パタヤのドラゴンフルーツ パタヤのドラゴンフルーツ
チョンプー
食べてみると梨の様なシャキシャキ感。甘味も酸味もあまり無い。
赤いものと青いものがある。
パタヤのチョンプー パタヤのチョンプー
ソムオー
直径20cmくらいの大型みかん。酸味も程よく甘味もある。果汁もたっぷり。
パタヤのソムオー パタヤのソムオー
ソムオー ビーチでは皮が剥かれたものが売られている
サントル  釈迦頭
実は柔らかくカスタードクリーム状で種が多く詰まっている。甘く酸味の少ない果実。
保存が難しいのでほとんど現地で消費される。
パタヤのサントル パタヤの釈迦頭

パタヤビーチの屋台料理を楽しもう

タイの食の楽しみ方に外せないのが屋台ですね。タイ語しか通じないけどなんとかなります。チャレンジしましょう。

パタヤビーチの屋台

屋台はタイ国内のどの街に行ってもあり美味しく格安で楽しめます。
もちろんパタヤビーチも数多くの屋台が深夜まで営業して、皆さんの来店を待っています。
清潔感は・・・・???雑踏の中で清潔な食事環境とはかけ離れていますが格安でタイ料理を楽しめます。
パタヤビーチの屋台で食べるタイ料理の雰囲気を是非味わって下さい。

 

屋台を利用する前にちょっとした準備を。せっかくの食事です
少しの工夫で気持ちよく安心して頂きましょう

1,携帯用ウエットティッシュ
これで、スプーンやホーク、ハシをきれいに拭きましょう。ついでにテーブルも。
    ウエットティッシュはいろんな場面で活躍してくれます。常に携帯していると便利です。
   
2,ボトルウォーター
屋台のテーブルに座るとグラスに入った水が出てきますが、
この水の品質がわからない(ほとんど大丈夫)屋台もあります。
    ボトルウォーターなら安心です。いつもバックの中に入れておきましょう。

屋台はパタヤのどこにでも見かけることができます。食べたい食材の屋台が見つかったらテーブルに座って下さい。
メニューは無し。英語は通じません。タイ語のみの会話となります。「タイ語指さし会話帳」があれば活躍してくれます。
会計は食事が終わって最後に支払います。支払いはバーツのみで100バーツ以下のお金を準備して下さい。
1000B、500B等大型紙幣はおつりが無い場合がほとんどです。

"ゆで鶏ごはん"カーオマンガイが美味しいパタヤの屋台

タイの国民的人気料理カーオマンガイの美味しい屋台を紹介しておきます。
ロケーションはサウスパタヤのウォーキングストリートSoi15のA-GoGoBar"Angelwitch"の斜め向かいにある屋台です。
下記の写真とこの屋台コーナーの最初にある写真を手がかりに探して下さい。

カーオマンガイ屋台

ちなみにこの向かいにもカーオマンガイの屋台があるけれどあまり美味しくありません。

リヤカーの移動式屋台 タレ味 塩味お好みを注文してね
串焼きの屋台 好みの串を網の上にのせると焼いてくれる
屋台で定番 クイッテイッイオ Soiにある屋台街
おなじみ麺の屋台  サウスパタヤの屋台街

屋台ではありませんがパタヤビーチやジョムティンビーチなどでも食事を楽しめます。
ビーチで楽しめるので屋台と同じくアウトドアですし、ビーチは排気ガスも無く、かわりに澄んだ空と波の音が迎えてくれます。
街の中のゴミゴミした屋台は敬遠する人もビーチでのロケーションは満足できると思います。
パタヤパラダイスとしてはビーチも広く、売り子さんも多いジョムティンビーチをおすすめします。(ゲイが多いのは気にせずにね)

座りたい場所は好みでどうぞ 南国気分でどうですか
パタヤビーチの南にあるジョムティンビーチ ココナッツジュース 日本では高いのでタイで召し上がれ

このビーチの利用方法ですが、ビーチにはパラソルとリラックスチェアーが一面に並んでいます。
ビーチ沿いを歩いているとこのビーチセットを管理している人が声をかけてきます。
ビーチの管理人は自分が縄張りにしているエリアにビーチセットを準備して客をゲットしているシステムです。
ビーチセットは一回の利用で20B~50B程度で時間制限はありません。30分でも6時間でも同料金。
ここでの食事のオーダー方法ですが、管理者を呼んでメニューをもらって下さい。後はオーダーして終わり。
料理はシートまで持ってきてくれます。ドリンクはシートに案内された時に尋ねてくるので何があるか確認しておきましょう。
ビールやウイスキー、コーヒー、ボトルウォーター、アイス、ソフトドリンク等一通りそろっています。
ビーチセットの料金と食事代は最後にまとめて精算します。なるべく小銭で対応してあげて下さい。

普通のゆで卵と間違えないように 特性タレでどうぞ タイの鳥は美味い
美味 カイピーン 卵の中に出汁を入れたもの ガイヤーン タイでおなじみの焼き鳥
この蟹くせになります ウマイ 南国と言えばフルーツ いろいろ売りに来ます
プー 蟹さん ビールのつまみに最高 果物も売りに来ます ランブータン 食べやすいです
辛さの好みを伝えよう 食べ過ぎに注意 これを食べられるあなたはタイ人です
イサーン料理のソムタム 好みの味を注文しよう ソムタムのの完成品 右の葉っぱも食べて
定番の鳥入り焼き飯 ムゥー(ぶた) クゥン(えび)も美味しい タイ風焼きうどん 
おなじみのカオパットガイ パッタイ 店により味の差が大きい
この料理ビールと合います ご飯も注文してね ビーチではこんな感じ 食べる前に調味料セットで味付けを
劇辛のグリーンカレー 3人前の料理

ビーチにいるといろんな売り子が次から次へとやってきます。
食べ物やドリンク、タットゥー(入れ墨)ペイント、土産、ネイルサービスやマッサージサービス、パラセイリング、
ジェットスキーなどetc... これらはその都度精算して下さい。ディスカウントは忘れずに!
ビーチでも満足できるタイ料理が楽しめるでしょう!深夜遅く(朝??)まで遊んで朝からホテルでのおきまりの朝食よりも
部屋で昼までたっぷり寝て、ビーチで朝昼兼用の食事をゆっくり頂いた方が旅の雰囲気が味わえて楽しいと思います。
最後にトイレ情報。ジョムティンビーチには有料(10B)の清潔な洋式トイレがあります。また周辺の店でも10Bでトイレや
シャワー(30~50B)を貸してくれます。トイレ、シャワーの看板が上がっています。女性の方も安心して出かけて下さい。
ビーチタオルはホテルで貸してくれます。利用して下さい。

タイ料理は日本人にとっては大変辛い食べ物もあります お腹と良く相談して美味しく楽しんで下さい